コロナ緩和で通貨の信認低下 局地インフレ発生の恐れ
東京海上アセットマネジメント 平山賢一氏

高井宏章
2020/8/11 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルスを引き金とした未曽有の財政・金融政策は「通貨の価値」にどんな影響を与えるのか。戦前・戦後のインフレ期の金融・経済史に詳しい東京海上アセットマネジメントの平山賢一執行役員運用本部長に聞いた(聞き手は高井宏章)。

■インフレは突然発生 金や株が「逃げ道」に

――コロナとインフレリスクの関係をどう読みますか。

「今は通貨システムそのものの大きな転換点ととらえている。2000年代後半の金…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]