/

企業の約6割、コロナ禍でネット広告費減 CCI調査

ネット広告大手のサイバー・コミュニケーションズ(CCI)は6日、コロナ禍が企業の広告宣伝費に与えた影響やインターネット広告におけるディスプレー広告の出稿量の変化などをまとめた調査を発表した。CCIの調査に回答した企業の6割超がネット広告費の予算を2019年に比べ減少させたと回答。運用型のディスプレー広告費は4月24日からの1週間が2月24日からの1週間と比べ約34%減少した。

インターネット上で入札価格や広告表示期間などを調整できる運用型のネット広告のうち、バナー広告などが含まれるディスプレー広告が今年上期は低調だった。レジャー業界など新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受けた広告主が出稿量を抑えたほか、広告単価が高い大型広告主の出稿金額が削減されたことが原因としている。(荒沢涼輔)

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン