広島「原爆の日」 被爆の記憶、次世代への伝承誓う

2020/8/6 11:30
保存
共有
印刷
その他

平和を願う鐘の音が響き渡った。6日、75回目の「原爆の日」を迎えた広島。新型コロナウイルスの影響で規模を縮小した式典が営まれた平和記念公園(広島市)では高齢の被爆者や遺族らが犠牲になった最愛の人を悼み、静かに祈りをささげた。戦後生まれは8割に上り、被爆者の平均年齢は83歳を超える。被爆者らはあの日の惨状の語り継ぎ、子どもたちは未来への伝承を誓った。

被爆者代表、吉川信さん「犠牲の姉と兄を忘れず生

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]