/

この記事は会員限定です

野口悠紀雄氏「『いるか族』淘汰し生産性高めよ」

コロナ後の資本主義

[有料会員限定]

国内で新型コロナウイルスの感染が再び拡大している。収束のメドが立たないなか、企業は在宅勤務の環境整備など「働き方改革」を全面的に進める必要に迫られている。早稲田大学ビジネス・ファイナンス研究センター顧問の野口悠紀雄氏は、新しい働き方を巡る日本企業の現状について「(成果ではなくオフィスにいることを重視する)『いるか族』が支配し、変化に対応できていない」と指摘。「今こそ、働き方改革を進めて生産性を高...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1782文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン