異例ずくめ、夏のシネマ事情 ジブリがランク上位に

日経MJ
2020/8/8 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルスの感染拡大で一時休業していた映画館が、復活のきっかけを探っている。例年、夏休みシーズンは話題作が相次ぎにぎわうが、今年は感染対策のため客席を間引き販売せざるを得ず、大入りとはほど遠い状況。動画配信サービスとの競合も重荷だ。劇場で映画を見る価値とは何か、生き残りをかけ試行錯誤を続けている。

■定員の5割で上映、完売相次ぐ

「新作の公開を待っていた。旅行よりも感染リスクは低いかなと思…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]