東京ムーブメント

フォローする

「日本はさらに大きな責任を」 次期駐日米大使が公聴会

2020/8/6 5:04 (2020/8/6 7:57更新)
保存
共有
印刷
その他

駐日米大使に指名されたケネス・ワインスタイン氏

駐日米大使に指名されたケネス・ワインスタイン氏

【ワシントン=永沢毅】トランプ米大統領が次の駐日大使に指名した保守系シンクタンク、ハドソン研究所所長のケネス・ワインスタイン氏(58)は5日、上院外交委員会の公聴会で証言した。「日米同盟の中でさらなる能力拡大と大きな責任を負うよう日本に働きかける」と表明した。

同氏は事前に提出した書面やオンラインを通じた証言で、日米関係を「両国にとってかつてなく強固で幅広く、重要だ」と表現した。強権主義に傾斜する中国に対処するため、一段の役割拡大に期待を示した。

証言では、中国がインド太平洋地域を含めて世界的に不安定な行動を繰り返しているとして「日米は他の同盟国との多国間協力を強化しなければいけない」と力説した。沖縄県の尖閣諸島(中国名・釣魚島)周辺での中国船の活動に触れ「日本の漁船に嫌がらせをしたり、問題の多い行動に関わったりしている」と懸念を示した。

米軍普天間基地(同県宜野湾市)の名護市辺野古移設に向けて緊密に連携すると述べた。日本との「第2段階」の貿易交渉に関して「経済関係をさらに進化させる機会となる」と述べ、サービスを含む包括的な協定の締結に意欲を示した。「特に自動車分野で進展が必要だ」と指摘した。

2021年の東京五輪・パラリンピックについては「新型コロナウイルスに共同で打ち勝った象徴として祝いたい」と語った。21年開催を支援する立場を示した。

ワインスタイン氏は歴代の駐日大使に多かった知日派ではない。ただ、ペンス副大統領やポンペオ国務長官とパイプがあり、安倍晋三首相とも面識がある。就任に必要な上院での承認が得られれば、今秋にも着任する運びとなる。

東京ムーブメントをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

東京ムーブメント 一覧

フォローする
会談前のあいさつ代わりに拳を合わせる菅首相と小池東京都知事(左)(23日、首相官邸)

 菅義偉首相は23日、首相官邸で東京都の小池百合子知事と15分間会談した。新型コロナウイルス対策、2021年夏の東京五輪・パラリンピック、行政のデジタル化の3つの分野で政府と都が連携する方針を確認した …続き (9/23)

大会関係者関連や競技会場などインフラ、イベントなどで簡素化が検討されている

 2021年夏に延期された東京五輪・パラリンピックを巡り、大会組織委員会は15日、簡素化に向けて50~60項目を検討していることを明らかにした。組織委は国際オリンピック委員会(IOC)などとの調整を経 …続き (9/15)

開業前にルイ・ヴィトンのファッションショーが開かれた=東京都港湾局提供

 東京湾臨海部で「東京国際クルーズターミナル」(江東区)が10日開業した。世界最大級のクルーズ船が停泊できる東京の新たな海の玄関口となるが、新型コロナウイルスの影響で当面の入港予定が立っていない。クル …続き (9/10)

ハイライト・スポーツ

[PR]