NYダウ続伸で始まる 経済対策とワクチンへの期待で

2020/8/5 22:56
保存
共有
印刷
その他

【NQNニューヨーク=張間正義】5日の米株式市場でダウ工業株30種平均は4日続伸で始まった。午前9時35分現在、前日比191ドル48セント高の2万7019ドル95セントで推移している。追加の経済対策を巡り、米与野党が週内に合意するとの期待感から買いが入っている。

ニューヨーク証券取引所前=AP

経済対策に関する与野党協議が進展し、互いに今週中の合意を望んでいると複数の米メディアが報じた。対策規模や失業給付金を巡る措置では隔たりがあるものの、早期合意への期待が高まった。

コロナワクチンへの期待も相場を押し上げている。米バイオ製薬のノババックスは4日夕、人を対象とした臨床試験(治験)でワクチン候補が有望な免疫反応を示したと発表した。医薬・日用品のジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)は5日、開発中のワクチンの治験が成功すれば1億本を製造する契約を米政府と交わしたと発表した。

4日夕に2020年4~6月期決算を発表した映画・娯楽のウォルト・ディズニーが一時10%超上昇し、ダウ平均を押し上げている。19年ぶりの最終赤字に転落したが、1株損益は市場予想を上回ったうえ、昨秋に参入した動画配信サービスの伸びも好感された。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]