任天堂「あつ森」、SNS化でリアルの世界へ 女性集客

Bizレーダー
2020/8/6 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

任天堂の人気ゲーム「あつまれ どうぶつの森」の仮想空間でファッションや芸術を楽しむ試みが広がっている。人の密集を避ける動きが世界で広がるなか、店舗をもつブランドや美術館が、集客を呼びかける代わりに商品や所蔵作品をゲーム内で自ら公開し始めた。利用者が自分の島に飾ったり身につけたりして、SNS(交流サイト)のように接点が広がる。新たなビジネスの芽となりそうだ。

■「どうぶつの森」シリーズで最大の売れ行

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]