船員交代停滞、海運に打撃 フィリピンなど入港制限

アジアBiz
2020/8/5 22:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

海運各社が船員の交代に頭を悩ませている。新型コロナウイルスの感染拡大が続き、各国の港湾当局が外国船籍の大型貨物船の入港を制限しているためだ。アジアではフィリピン人に依存する企業が多いが、同国が交代をマニラ港に制限して厳しい防疫体制を敷くため円滑に乗員を入れ替えできない。航路の変更を強いられる企業もあり、影響が広がる懸念がある。

マニラ港沖で現在、大型船12隻が船員を上陸させようと、停泊を続けてい…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]