/

この記事は会員限定です

営業・接客「脱対面」 家電や車、在宅勤務浸透で

(更新) [有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染問題で人との接触を避ける動きが広がるなか、対面を前提としてきた販売や営業の遠隔実施に企業が取り組み始めた。ビックカメラなどは商品の説明にビデオ会議を採用する。一部住宅や自動車でもオンラインの接客を導入した。在宅勤務の活用で、女性や高齢者など多様な働き手の受け皿にもなっている。

ビックカメラはこのほど英ダイソンの日本法人と提携し、有楽町店(東京・千代田)など一部店舗でビデオ会...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1256文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン