/

東武鉄道、駅に紫外線照射装置 コロナ無力化

東武鉄道は8月中旬から、一部の駅の待合室や窓口に新型コロナウイルスを無力化する紫外線照射装置を設置する。室内の空気を吸い込み、装置内で紫外線を照射する仕組み。北千住駅の待合室、浅草駅や池袋駅などの窓口に順次取り付ける。

装置は病院の無菌室でも使われており、室内の天井に設置する。40平方メートルの部屋の場合、1分間で室内の90%の空気を殺菌できるという。

このほか、エスカレーターの手すり、自動券売機など利用者が直接触れる場所には持続的な効果が見込める抗ウイルス剤を塗布する。車両内では同様の対策を取っているが、対象を駅施設にも広げる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン