東京から「流出」859億円 ふるさと納税、施策影響も

2020/8/5 19:40
保存
共有
印刷
その他

総務省は5日、ふるさと納税をした人の2020年度分の住民税の控除額が、東京都内で合計859億円になると発表した。多くの都内自治体では、控除額の全額が住民税の減収となる。19年度分(867億円)に比べて1%減ったものの、他県への税収の流出が依然として目立っている。

全国の控除額に占める都内自治体(区市町村分を含む)の割合は25%に上る。都内自治体には地方交付税の不交付団体が多く、その場合は控除額全…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]