北関東3県の人口減、栃木と群馬で加速

2020/8/5 19:37
保存
共有
印刷
その他

総務省が5日発表した2020年1月1日時点の人口動態調査で、北関東3県の人口はいずれも前年から減少した。減少率は栃木、群馬両県で拡大し、茨城県では小幅にとどまった。技能実習生ら外国人は増えているが、3県の人口減少に歯止めがかかっていない。

住民基本台帳に基づき、人口動態を集計した。

栃木は前年比0.54%減の196万5516人、群馬は0.59%減の196万9439人、茨城は0.50%減の292万…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]