コロナ禍の経営術 リーマン危機越えた創業者の教訓

2020/8/10 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

資金繰り、需要の奪い合い、人材の流出――。新型コロナウイルスの直撃を受け悪戦苦闘するスタートアップは多い。かつて創業直後にリーマン・ショックに見舞われ、その後苦しみながらも経営を前に進めたスタートアップは再び試練に向き合う。起業家は過去の困難をくぐり抜けるなかで何を学び取り、糧として生かすのか。転職サイトのビズリーチを手掛けるビジョナル(東京・渋谷)と、人工繊維のスパイバー(山形県鶴岡市)の創業…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]