/

ディーエヌエ・コロプラが増益 巣ごもりでゲーム好調

新型コロナウイルスを受けた「巣ごもり」がスマートフォン(スマホ)向けゲームを手掛ける会社の業績を押し上げている。ディー・エヌ・エーが5日発表した2020年4~6月期の連結純利益(国際会計基準)は99億円と前年同期の4倍になった。コロプラの19年10月~20年6月期の連結最終損益は66億円の黒字(前年同期は1億4900万円の赤字)だった。

ディーエヌエの純利益は4~6月期としては8年ぶりの高水準。採算のよいスマートフォン向けゲームが伸びた。中国などでスマホゲーム「スラムダンク」が好調で、ゲーム事業の営業利益は35%増えた。一般の個人が映像配信できる「ライブストリーミング」の事業も黒字転換した。

売上高に相当する売上収益は4%減の300億円。プロ野球の開幕が3カ月延期され、横浜DeNAベイスターズのチケット収入が減った。

コロプラの19年10月~20年6月期の営業利益は92億円と前年同期の約19倍にのぼった。「ドラクエウォーク」などの既存タイトルが好調だった。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン