「いわて牛」地消で救え おにぎりや調理パン発売

2020/8/5 18:44
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルスの感染拡大で外食需要が落ち込むなか、岩手県内で大手コンビニエンスストアや地元業者が県産の「いわて牛」を使ったおにぎりや調理パンを相次いで発売している。感染再拡大で需要減が長引いているだけに、手ごろな食品で地域の消費を拡大し、生産者を支援する。

いわて牛は、最も長く飼養した地域と出荷直前の飼養地がともに岩手県で、肉質等級B3以上の黒毛和牛。肉のうまみと甘みのバランスの良さが特長で…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]