/

この記事は会員限定です

ホンダ、頼みの二輪も苦戦 今期純利益64%減

11年ぶり減配

[有料会員限定]

ホンダの業績が悪化している。5日、2021年3月期の連結純利益(国際会計基準)が前期比64%減の1650億円になると発表した。新型コロナウイルスの感染拡大で北米を中心に四輪車販売が落ち込み、頼みの二輪車も苦戦する。配当は年44円と6割減らす。減配は11年ぶりとなる。

世界販売は四輪車が6%減の年450万台、二輪車が23%減の年1480万台を見込む。「四輪は中国、日本、米国で需要が回復している」(倉石誠司...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1053文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン