/

愛知県、再び緊急事態宣言 24日まで県境またぐ移動自粛

愛知県の大村秀章知事は5日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、県独自の緊急事態宣言を出すと発表した。6日の県の対策本部会議で正式に決める。期間は6日から24日までで、不要不急の行動や県境をまたいだ移動の自粛を求める。名古屋市内の繁華街への短縮営業、休業要請期間も5日に始まった。

大村知事は同日の記者会見で「お盆前にわかりやすく明快なメッセージを発出したい」と独自宣言を出した理由を説明した。県内の感染状況については「(5日まで)9日連続で100人台という大変厳しい状況だ」と述べた。

独自宣言は、お盆期間中の県境をまたぐ不要不急の移動自粛のほか、大人数の会食や宴会なども自粛するように求めている。また、県は5~24日に名古屋市の繁華街の栄、錦の両地区の一部で営業する飲食店などに午後8時までの短縮営業や休業を要請している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 国内 海外 感染状況 論文・調査 Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン