/

高松機械工業、21年3月期最終赤字 新型コロナで受注減

高松機械工業は5日、2021年3月期の連結最終損益が6億5100万円の赤字(前期は14億円の黒字)になりそうだと発表した。従来予想は6億5500万円の黒字。新型コロナウイルスの感染拡大で、自動車部品メーカーからの受注が落ち込むのが響く。最終赤字はリーマン・ショックの影響があった10年3月期以来となる。

売上高は前期比44%減の123億円になる見通し。新型コロナで営業活動が滞ったほか、国内外で部品会社の投資意欲が減退し、受注が大きく減っている。受注残も減少しており、現在は工場の稼働率を下げて生産調整している。

期初には新型コロナが9月には落ち着くとみていた。同社によると、「影響が想定よりも長期化し、受注環境の急速な改善が見込めないと想定した」という。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン