はやぶさ2、12月に地球帰還 10年かけ次の小惑星探査へ

コラム(テクノロジー)
2020/8/6 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

小惑星「りゅうぐう」へ着陸した宇宙航空研究開発機構(JAXA)の探査機「はやぶさ2」が12月6日に地球に帰還する。小惑星のかけらが入ったカプセルを地球へ投下した後、およそ10年をかけて別の小惑星を目指す新たな宇宙探査へと旅立つ。はやぶさ2は小惑星の地下にあった物質の採取に成功したとみられ、カプセルの中の試料は太陽系の成り立ちなどを探る貴重な手がかりになると期待される。

はやぶさ2は2010年に小…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]