/

この記事は会員限定です

北海道函館市、コロナ禍の食産業を支援

[有料会員限定]

北海道函館市が新型コロナウイルスの感染拡大に苦しむ食産業の支援に力を入れている。函館は食を目当てに訪れる旅行者が多い人気観光地だけに、飲食や土産物需要の激減は大きな痛手。市は飲食店が作る持ち帰り料理の購入や通信販売の仲介で「巣ごもり消費」の開拓を後押ししている。

函館を代表する繁華街の五稜郭地区にある居酒屋「魚まさ」。夕方の開店にはまだ早い昼時、厨房では調理人がホッケなどのフライやサラダを作って容...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1109文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン