/

この記事は会員限定です

EVからディーゼルへ 欧州グリーン水素でアジア封じ

カーボンニュートラル車の衝撃(上)

[有料会員限定]

自動車の二酸化炭素(CO2)排出を実質ゼロにする「カーボンニュートラル(炭素中立)」を目指した技術開発が世界で加速する。仕掛けるのは「パリ協定」を旗印に掲げる欧州だ。

ライフサイクル全体でCO2排出量を評価する「ライフサイクルアセスメント(LCA)」規制を導入し、水素エネルギーの活用に軸足を移す。「電気自動車(EV)一辺倒」の方針を改めるのと同時に、アジアに偏る電池供給網を欧州に奪取する思惑があ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2037文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン