ポスコ系、電池部材の増産投資 260億円 EV成長で

アジアBiz
2020/8/5 16:46
保存
共有
印刷
その他

【ソウル=細川幸太郎】鉄鋼大手の韓国ポスコの子会社、ポスコケミカルは5日、車載電池向けの陽極材を増産すると発表した。韓国南部の光陽市の既存工場に2895億ウォン(約260億円)を追加投資する。同社は5月に新規生産ラインを稼働したばかりで、電気自動車(EV)市場の急成長に対応し生産能力を増やす。

車載電池の出力を高められる陽極材「NCMA(ニッケル・コバルト・マンガン・アルミニウム)」を量産し、陽…

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]