/

見てわかる「TikTok」 なぜ米事業売却か停止に?

(更新)

中国企業の北京字節跳動科技(バイトダンス)の動画投稿サービス「TikTok(ティックトック)」の国際事業を分離して設ける新会社にオラクルとウォルマートの米企業が2割出資することで基本合意しました。中国の影響を排除したいトランプ米大統領もこの案に原則承認し、アプリ配信の停止は9月27日まで延期されました。ただ、中国側の承認はまだです。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ニュースで話題のキーワードが「見てわかる」。グラフやイラスト、写真を使った図解で、ニュースのポイントをわかりやすく解説します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン