見てわかる「TikTok」 なぜ米事業売却か停止に?

見てわかる
2020/8/19 5:00 (2020/9/21 17:13更新)
保存
共有
印刷
その他

中国企業の北京字節跳動科技(バイトダンス)の動画投稿サービス「TikTok(ティックトック)」の国際事業を分離して設ける新会社にオラクルとウォルマートの米企業が2割出資することで基本合意しました。中国の影響を排除したいトランプ米大統領もこの案に原則承認し、アプリ配信の停止は9月27日まで延期されました。ただ、中国側の承認はまだです。

   

   

   

   

   

   

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]