風格に満ちた大河小説 小谷真理氏が選ぶ3冊
第五の季節 N・K・ジェミシン著

読書
2020/8/6 14:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

先週ニュージーランドで開催された世界SF大会で、再びヒューゴー賞を受賞し、現在ノリに乗ってるアメリカ黒人女性作家による、壮大な大河小説。

数百年おきに「第五の季節」という大災害に見舞われる「父なる地球」が舞台。

主人公エッスンは、オロジェンと呼ばれる超能力者。地殻などを動かす巨大な力の持ち主だが、その制御は難しく、災厄をもたらす疫病神のように差別され、波乱の人生をおくる。

幼い息子を殺害されると…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]