福岡・大濠公園にイノシシ 県警署員が捕獲

2020/8/5 15:01
保存
共有
印刷
その他

福岡市中央区の大濠公園付近で5日早朝、イノシシ1頭が歩いているのが確認された。大濠公園は市中心部にあり、朝からランニングなどで市民が集う。けが人はないが、中央署幹部は「猪突(ちょとつ)猛進とも言うので…」と警戒。同日午前11時50分ごろ、署員らが捕獲した。

イノシシを捜す福岡県警の警察官(5日午前、福岡市)=共同

署によると、午前5時10分ごろ、中央区に隣接する早良区で「イノシシが歩いている」との110番があり、6時5分ごろに公園付近で警察官が発見。近くの山間部から現れた可能性がある。

市の担当者によると、市内での目撃情報は山間部が大半。イノシシが街中に出た場合、地元猟友会と協力して捕獲し、殺処分することが多いという。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]