戦後75年、広島「原爆の日」 記憶の伝承課題

戦後75年
2020/8/6 2:00 (2020/8/6 13:02更新)
保存
共有
印刷
その他

広島は6日、被爆から75回目の「原爆の日」を迎えた。広島市では「原爆死没者慰霊式・平和祈念式」(平和記念式典)が新型コロナウイルスの影響で規模を縮小して開かれた。「被爆者健康手帳」を持つ全国の被爆者はピーク時から6割減の約13万6千人となり、平均年齢は83歳を超えた。原爆の記憶をどう伝承していくのかが改めて課題となっている。

広島市の平和記念公園で開かれた平和記念式典には被爆者や遺族、政府関係者…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]