プロ野球

DeNA井納、7回無失点 「経験踏まえ」根尾封じ

2020/8/4 23:26
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

この日1軍に昇格した中日の根尾が、いきなり1番・右翼で起用された。プロ2年目で初のスタメンとあって意気揚々と打席に向かったが、その前にDeNAのベテラン井納が立ちはだかった。

初球は慎重にボールになる変化球で入った。2球目と3球目は外の直球で空振り。そして4球目は内へ力強く148キロ。腰の引けた根尾はバットを振れなかった。

この見逃し三振で若武者の出ばなをくじき、同時に井納は自らの調子の良さを認…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

プロ野球のコラム

ドラフト会議

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

10回広島2死二、三塁、大盛が決勝の二塁内野安打を放つ(19日、神宮)=共同

【広島3―2ヤクルト】広島が競り勝った。1―2の八回に堂林の13号ソロで追い付き、延長十回2死二、三塁で大盛の適時内野安打で勝ち越した。3番手のフランスアが2勝目。ヤクルトは二回に坂口の2ランで逆転し …続き (19日 22:27更新)

3回DeNA無死二、三塁、オースティンが右中間に3ランを放つ(18日、横浜)=共同


 三回、チームにも本人にも待望の一発が飛び出した。DeNAのオースティンが序盤でリードを5点に広げる3ラン。不振にあえぐ大砲の22打席ぶりとなる安打が、最高の形で生まれた。

 2球であっさり追い込まれた …続き (18日 23:08)

6回無失点で6勝目を挙げたDeNA・井納(18日、横浜)=共同

【DeNA6―0巨人】DeNAが快勝した。二回に倉本の2点適時打で先制。三回にオースティンの6号3ラン、五回には梶谷の12号ソロで加点した。井納が6回無失点で6勝目を挙げた。巨人は戸郷が5回6失点と誤算。打線も2試合連続で零敗を喫した。 …続き (18日 22:15)

ハイライト・スポーツ

[PR]