/

この記事は会員限定です

匿名攻撃の恐怖 迫られた泣き寝入り

データの世紀

[有料会員限定]

「差別主義者」「女性蔑視だ」――。スマホの画面をみていた東京都の町田彩夏さん(25)は、自分に向けられた攻撃的な書き込みがネット上で続々と増えているのに気づき、背筋が凍るような恐怖を覚えた。

中傷のきっかけは、町田さんによる7月上旬のツイッター投稿だった。小池百合子都知事が再選したことを受け、有権者が支持した理由をジェンダー(男女の社会的性差)の視点から分析。これが標的になり、賛否だけ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1609文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

データの世紀

データ資源は21世紀の「新たな石油」といわれる。企業や国の競争力を高め、世界の経済成長の原動力となる。一方、膨大なデータを独占するIT(情報技術)企業への富と力の集中や、人工知能(AI)のデータ分析が人の行動を支配するリスクなど人類が初めて直面する問題も生んだ。
連載企画「データの世紀」とネット社会を巡る一連の調査報道は、大きな可能性と課題をともにはらむデータエコノミーの最前線を追いかけている。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン