/

宝塚歌劇団で4人感染 16日まで公演中止

 兵庫県宝塚市の宝塚大劇場(共同)

宝塚歌劇団(兵庫県宝塚市)は4日、同市の宝塚大劇場の花組公演「はいからさんが通る」の出演者3人とスタッフ1人の計4人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。16日までの公演を中止する。

同歌劇団によると、4人は軽症か無症状で、自宅で療養。全員観客に直接応対する機会はなく、濃厚接触が疑われる観客はいないという。

7月29日にスタッフが発熱したが風邪と診断されて自宅療養。8月2日に出演者の1人が味覚異常を訴えたため、関係者のPCR検査を行うとともに歌劇団は4日までの公演中止を決定した。4日になり4人の感染が確認され、中止期間を16日まで延ばした。

4人以外の全出演者とスタッフ計233人もPCR検査を受診。137人は陰性で、96人が結果待ちという。

公演は9月5日まで予定されており、8月17日以降の公演実施については、感染拡大防止措置を行った上で、公式ホームページで発表する。

宝塚歌劇公演は新型コロナウイルスの影響で中止が続いていたが、7月17日に宝塚大劇場で約4カ月ぶりに再開。東京宝塚劇場と梅田芸術劇場(大阪市)では予定通り公演を続ける。〔共同〕

新型肺炎

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン