製造強国の先兵、深圳が踊り場に コロナで資金調達難

アジアBiz
2020/8/4 22:22
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ものづくりの街として知られ、関連スタートアップが集積する中国・広東省深圳が転換点を迎えている。域内総生産(GDP)で香港を抜いた直後に、米中貿易摩擦や新型コロナウイルスによる資金調達難に直面したためだ。企業価値が10億ドル(約1060億円)を超えるユニコーンをみると、事態打開に動くメーカーに交じり、ソフト関連企業も台頭する。

「新型コロナはスマートフォン販売などに悪い影響を与えている」。深圳市柔…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]