半歩遅れのマスク参入、セコマの自信と勝算

2020/8/6 19:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

コンビニエンスストア「セイコーマート」を展開するセコマ(札幌市)がマスクの製造・販売を始める。「脱・小売り中心」を掲げて食品のメーカー機能を強化してきたとはいえ、不織布マスクは門外漢。供給も落ち着いた段階での参入には鍛え上げたサプライチェーンへの自信が透ける。

4カ月前、北海道経済産業局の大橋一之課長補佐がセコマの丸谷智保会長にかけた1本の電話が始まりだった。「御社の強力なサプライチェーンでご協…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]