/

在宅勤務、首相「論点解決したい」 経験者と意見交換

安倍晋三首相らは4日、首相官邸で開いた未来投資会議(議長・安倍晋三首相)の会合で在宅勤務経験者と意見交換した。首相は「具体的で有益な提案があった。論点を一つ一つ解決していきたい」と述べた。

未来投資会議のヒアリング会合であいさつする安倍首相(左端)=4日午後、首相官邸

会議には東京都内から地方へ移住し在宅で勤務する会社員や在宅勤務を導入した企業の経営者ら計8人が参加した。

参加者からは通信環境が整ったコワーキングスペースを地方に設置するよう要望があった。短い期間で移住を試す施策も案として出た。

在宅勤務で金融機関に勤務する参加者は契約書など押印をなくし手続きの電子化を求めた。企業側の取り組みとして、クラウドの活用や勤務時間の管理の簡素化を進める必要性があるとの指摘もあった。

政府は7月30日に開いた前回の未来投資会議で、テレワークなどの新しい働き方の定着を含む検討項目のたたき台を示した。新型コロナウイルスの感染症対策として在宅勤務が広がるなか、地方に移住して在宅で働く取り組みの支援など地方創生の推進を目指す。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン