将棋盤の茨城木工、生産3割増 藤井棋聖の快進撃で

2020/8/4 19:47
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

高校生プロ棋士の藤井聡太棋聖の快進撃を受け、将棋盤メーカーの茨城木工(茨城県神栖市)が生産を拡大している。娯楽の多様化などで減少してきた受注が上向き、2020年の生産量は前年比3割増の10万枚に達する見込みだ。海外輸出や他社との連携商品など次の「一手」を繰り出そうと戦略を練っている。

7月下旬、工場で10人弱の従業員が黙々と作業を続けていた。製造の中心は市場価格が2000円台後半の安価な折り畳み…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]