/

ADI、インテルと5G開発ツール

半導体大手の米アナログ・デバイセズ(ADI)と米インテルは3日(米国時間)、通信規格「5G」のネットワーク設計向けの無線プラットフォーム開発で提携すると発表した。スマートフォンやネットにつながるIoT機器の普及により、通信の仕様や用途は多様化しており、通信サービス事業者が開発しやすい環境を提供する。

開発ツールはADIが持つ無線周波数のトランシーバーの技術や、インテルの高性能で低消費電力の集積回路などを組み合わせて提供する。5G関連サービスの開発期間の短縮やコスト低減につなげてもらう。5Gサービスの本格化で無線通信の需要の急増や用途の広がりに対応する。(広井洋一郎)

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン