日鉄、4~6月期の赤字420億円 合理化の前倒しも

2020/8/4 18:53
保存
共有
印刷
その他

日本製鉄は4日、2020年4~6月期の連結最終損益(国際会計基準)が420億円の赤字(前の期は333億円の黒字)だったと発表した。新型コロナウイルスの影響による国内高炉の一時休止が響いた。宮本勝弘副社長は製鉄所の閉鎖など、合理化策の「前倒しも検討していく」と述べた。韓国の元徴用工訴訟を巡り、資産の差し押さえ命令に即時抗告する方針も明らかにした。

「リーマン・ショック時より厳しいと認識している」。…

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]