/

この記事は会員限定です

中国政府の反発、ファーウェイほど激しくなく

[有料会員限定]

【北京=多部田俊輔】中国企業の北京字節跳動科技(バイトダンス)に動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」の米国事業の売却を迫るトランプ米政権の姿勢について、中国政府は比較的冷静な対応を示している。中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)が非難された時のような激しい反発は表向き、みせていない。

ファーウェイは中国の通信システムを担う主力企業で2019年の売上高は約13兆円規模。従業員は1...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り492文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン