[社説]企業ニーズ捉えた職業訓練で雇用を守れ

2020/8/4 19:05
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

コロナ禍の収束が遅れて景気回復に時間がかかれば、雇用不安が長期化しよう。政府は雇用調整助成金の拡充などで企業の雇用維持を助けているが、財政負担を考えれば資金支援には限界がある。

仕事を失った人が新たな職に就くための能力開発支援が重要になる。国と都道府県による公的職業訓練の意義は増す。人材を企業の中に抱え込むのではなく、デジタル関連など成長分野への就業を後押しして雇用を守るという考え方に立つべきだ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]