/

玉木氏、党首会談を提案 枝野氏は難色

国民民主党の玉木雄一郎代表は4日の記者会見で、立憲民主党との合流協議に関し、立民の枝野幸男代表に党首会談を呼びかける考えを明らかにした。枝野氏は記者会見で「幹事長でまとまらないものをそれ以外で話してもまとまるとは思わない」と難色を示した。

玉木氏は新党名が足かせとなって幹事長間の交渉が膠着していると指摘し「代表間で話すしか打開の道はない」と強調した。「トップ同士、納得が得られるまで粘り強く交渉すればいい」とも語った。

合流に向けた両党の協議は党名で意見に隔たりがある。立民は「立憲民主党」を主張し、国民民主は「民主的な手続き」による選定を求める。玉木氏は投票による選定を改めて主張した。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン