/

石川知事「感染拡大地域の往来慎重に」

石川県の谷本正憲知事は4日の記者会見で、県民に対して東京都など感染拡大地域との往来や帰省を慎重に判断するよう求めた。石川では6月1日以降、県外への行動歴がある人物の感染例が増えている。

6月1日以降、集団感染のあった病院を除いた新規感染者は3日時点で24人。うち15人が県外への行動歴のある人物やその濃厚接触者だった。谷本知事は「感染拡大地域との往来は不要不急でないかを検討するなど、慎重に判断してほしい」と話した。

企業にも「可能な業務はオンラインで対応するよう求める」と注意を促した。さらに、お盆休みに増える県外からの帰省も「高齢者の重症化を防がなければならない。帰省される家族と十分相談して慎重に検討してもらいたい」と求めた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン