/

この記事は会員限定です

ビジネスの破壊的変化を追う(2) 限界費用ゼロ社会の到来

国際大学准教授 山口真一

[有料会員限定]

「フリー(無料)」を武器にするビジネスは、昔からフリーランチや試供品などがありました。しかし、情報社会におけるフリーと、これまでのフリーには決定的な違いがあります。

それはコンテンツなどの情報財の多くは、限界費用(追加で生産するコスト)が限りなくゼロに近いということです。例えば、動画を1万人に見せるのも、10万人に見せるのも、コストはほとんど変わりません。この特徴は大量の消費者に無料で提供する戦略...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り650文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン