スマートシティーの国際規格 政府、中国提案に危機感

2020/8/4 22:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

政府は中国によるスマートシティー(次世代都市)分野の国際規格提案に危機感を強めている。感染症防止を目的に都市を監視する仕組みで、一部は年内にも採否が決まる見通し。認められれば、今後の国内外の都市開発で日本企業が不利になる可能性が高まる。日本は米欧各国と連携して阻止をめざす。

政府関係者によると中国はスマートシティー分野で国際標準化機構(ISO)や国際電気標準会議(IEC)の技術委員会に提案中だ。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]