東京千曲化成、マスク用インナースペーサー開発

2020/8/4 15:57
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

樹脂加工の東京千曲化成(川崎市)はマスクと口の間に一定のスペースを確保できる「インナースペーサー」を開発した。マスク内に熱がこもるのを軽減し、呼吸や会話が楽になるという。接客業や工事現場での需要を見込む。

鼻にあて、その上からマスクを着用する。半透明のプラスチック製で、不織布、ウレタンマスクともに使用できる。サイズは縦…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]