/

この記事は会員限定です

東京・千代田区議会、空転1週間 事業実施に遅れも

[有料会員限定]

東京都千代田区の石川雅己区長による区議会の解散表明から1週間がたった。両者の対立で議会は空転しており、新型コロナウイルス対策など区政に関する議論は進んでいない。事業の実施スケジュールには遅れも出ており、対立が長引けば区民や事業者への影響も大きくなる。

区議会に提出されている補正予算案の柱は区民に一律12万円を配るコロナ対策の給付金事業だ。「コロナで収入が減った。大変ありがたい」「医療や飲食業に還...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1232文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン