東芝、研究開発拠点新設に340億円 AIなど成長加速

東芝
2020/8/5 1:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東芝は約340億円を投じ、小向事業所(川崎市)の敷地内に新たな研究開発拠点をつくる。周辺の拠点を一部集約し、現在よりも延べ床面積で約2.7倍、収容人数で2倍強の最大の開発拠点にする。不正会計問題や米原発子会社の巨額損失などで経営危機に陥ったが、足元では経営再建が進んでおり、成長投資を加速して人工知能(AI)などの開発に注力する。

同事業所内にある中核拠点の「研究開発センター本館」の一部を解体し、…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]