/

この記事は会員限定です

内科外科が連携 名古屋大、難病の炎症性腸疾患に挑む

[有料会員限定]

潰瘍性大腸炎やクローン病は、慢性的に下痢や腹痛、下血が起きる原因不明の病気だ。どちらも根本的な治療法が確立されておらず、国の指定難病の対象になっている。名古屋大学医学部付属病院では2019年10月、主に2つの疾患の患者を専門的に治療する「炎症性腸疾患治療(IBD)センター」を旧帝国大学で初めて立ち上げた。

「腹痛はありますか」。6月上旬、名大病院の診察室で消化器内科の中村正直医師がクローン病のため...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り873文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン