/

この記事は会員限定です

オングリット コンクリ構造物の補修図面、作製容易に

Start@Q

[有料会員限定]

橋梁や道路などインフラの老朽化が社会問題になっている。高齢化を理由に技術者が減っており、現場では人手不足が深刻になっている。オングリット(福岡市)の森川春菜社長は課題解決へ、専門知識がなくてもコンクリート構造物の補修などに必要な図面を作製できるシステムを開発した。インフラ点検のロボット開発も進めている。

写真を送れば、面倒なCAD(コンピューターによる設計)作業から解放されます――。オングリットの...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り760文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン