/

この記事は会員限定です

長野・松本の路線バス、公設民営化へ議論

コロナ禍 岐路の信越交通(2)

[有料会員限定]

長野県のバス大手、アルピコ交通(松本市)が苦しんでいる。新型コロナウイルスの感染拡大で頼みの綱の高速バスの利用者が激減。赤字が続く路線バスを支えることが難しくなっている。松本市とは公設民営化に向けた話し合いが始まっており、地域の足を巡る議論が加速する。

「東京でこれだけ感染者が増えてしまっては仕方がない」。アルピコ交通の三沢洋一社長は苦渋の表情を浮かべる。同社は7月27日から長野県内と東京・新宿な...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1178文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン