/

この記事は会員限定です

日医工、規模拡大で収益改革 武田テバの後発薬買収

[有料会員限定]

日医工がM&A(合併・買収)を進めている。エーザイの後発薬子会社などに続き、7月には武田テバファーマ(名古屋市)の後発薬事業の買収を決めた。規模拡大でコストを削減する。後発薬市場は薬価引き下げ圧力の高まりや、新型コロナウイルスの感染拡大による受診抑制などの逆風を受ける。生き残りに向けた再編が加速する可能性もある。

「収益構造を変える」。日医工の田村友一社長は日本経済新聞社の取材に対し、2021年2月に武田テバの...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1398文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン