びっくりドンキー新業態 「俺メニュー」端末で省力化

新型コロナ
小売り・外食
コラム(テクノロジー)
科学&新技術
2020/8/17 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ハンバーグ店「びっくりドンキー」を展開するアレフ(札幌市)は、新業態の店舗「ディッシャーズ」で、タブレットと精算機を連動させることで、配膳以外の接客業務を削減できるシステムを導入した。USEN-NEXT HOLDINGSの子会社で、自動精算システムなどを手がけるアルメックス(東京・品川)が開発した。客がオリジナルメニューを作成できる楽しさで売り上げ向上も見込める。人手不足に悩む飲食業界に一石を投じ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経BPの関連記事

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]